豪ドル高、大きく影響してきている

(3).jpg
 
オーストラリアの人件費高騰、物価の高騰。
これは近年大きな課題となっています。

ジュース1本200円以上するという高い状況に、資源高で大儲けのオーストラリア。
しかし、トヨタが撤退を決めました。

もう、オーストラリアには生産地としての価値がなくなっているという状況です。

トヨタ自動車は3日、オーストラリア南部ビクトリア州の工場の生産を終了した。豪ドル高などで採算が悪化したためで、半世紀以上に及んだ現地生産から撤退した。同国で新車販売トップのトヨタは今後、日本などから輸入した車を販売する
引用 時事通信より


「108日目、109日目 iサイクル注文運用日記 雇用統計までは小動き、トヨタがオーストラリアから撤退という動き」続きを読む