マネパのリピート系連続注文の検証スタート


maneparenzoku.jpg 


トルコリラ円が32円にタッチをして、全部約定をしたので
その資金で一旦、豪ドル円でリピート系をやってみることにします。

目標は年利15%程度。

豪ドル円はもっとも天底が分かりやすい通貨であること。
そして、ボラリティもそこそこあること。

過去最高と最低のそれぞれがそれほど幅が多きくないので
資金を効率的に運用できると判断をしました。

あと、iサイクル注文がうまくいっているという理由もあります。




資金170万程度


今回のマネーパートナーズを選んだ理由、それはFXnanoがあるからです。

FXnanoは100通貨から運用ができるという資金が少ない人には
とってもありがたいものです。


持論
リピート系は、とにかく細かく細かくキャピタルゲインを取らないといけません。
買いポジションを10pips毎に置くことでメリットがあると思っています。

ただ、この方法は資金量に応じて通貨単位が小さくしないといけなくなります。


今回の買い方針

89円から50円の間に、10pips毎にロングで置く。
今回は1ポジション200通貨で置くことにします。


理論

幅 (89-50) = 39円
10pips毎(10銭毎)で買いを入れるので合計ポジション数 = 390ポジション

ポジション平均値 (89+50)/2 = 69.5円
50円まで実含み損(1ポジション当たり) (69.5-50) = 19.5円

1ポジション当たりの証拠金 69.5 x 100通貨 x 2枚 ÷ レバレッジ25倍
= 556円

50円に暴落した際の含み損 19.5 x 100通貨 x 2枚 = 3900円
1ポジション当たりの必要資金 = (556+3900) = 4456円



合計必要資金 4456円 x 390ポジション = 1737840円

よって、170万が必要となります。
FXnanoでなければ、1000通貨でやるなら1700万程度必要となります。


なぜ、89円なのか

2017-06-29_211751.jpg 

これは月足で、過去を見ると大体100円かなと思うと思います。
しかし、直近では90円まで上げて暴落をしています。

よって、89円で利食い50pips設定なので
89円まで買ったら、利食いできない玉が残る可能性があります。

よって、89円をリミットとして考えています。
それ以上になったら、ショートにする方が得策だと思います。


設定
2017-06-29_211732.jpg 

こんな感じで、とりあえず今の最高レートから55円まで手動で入れました。
面倒で、時間がかかりますが連続10回くらいは
入れておけば完全放置です。

本来は放置でいいのですが、ブログで検証結果を365日目まで書いていきたいと思います。
15%まで増えていれば運用型と言っていいでしょう。



本日の約定レポート
2017-06-29_211810.jpg 

2枚本日買いました。
29日午後10時半に書いているので、
もし約定をさらにしたら明日のブログ記事に追加することとします。


2017-06-29_223513.jpg 

本日の収益 0円
累積収益 0円








関連記事